よもぎ蒸し 副作用

よもぎ蒸しの副作用についてご紹介いたします。キク科アレルギーに注意!

 

 

様々な効果が期待できるよもぎ蒸しですが、副作用の心配はないのでしょうか?

 

こちらでは、気になるよもぎ蒸しの副作用やデメリットについてお伝えいたします。

 

 

 

 

副作用やデメリットを理解し、正しくよもぎ蒸しを楽しみましょう♪

 

 

 

よもぎ蒸しの副作用について

 

よもぎ蒸しをやる上で副作用について知っておく必要があります。

 

よもぎは餅に入れて食されていることから、餅草とも呼ばれています。

 

お灸のもぐさや、漢方薬の原料に使用されたりと、昔から身近に利用されています。

 

 

 

 

 

そんなよもぎですが、キク科の植物なのでキク科アレルギーを持っている方はよもぎ蒸しはNGです。

 

 

 

 

 

心当たりのある方は、よもぎ蒸しを控えるか、医師にご相談ください。

 

また、下記の方はよもぎ蒸しを利用する際は注意が必要です。

 

 

  • 高血圧や循環器系の症状をもつ方
  • 心筋梗塞などを経験されたことのある方
  • 高齢の方・身体の弱っている方

 

 

心当たりのある方は、医師に相談の上で行うようにお願いします。

 

 

 

よもぎ蒸しの注意点

 

よもぎ蒸しを楽しむためにも下記に注意してください。

 

 

蒸気に近すぎると火傷の恐れあり

 

よもぎ蒸しの蒸気に近すぎると火傷をする恐れがあります。

 

心地よいと感じる温度に調節するように心がけてください。

 

 

 

よもぎ蒸しの前に水分補給をしっかりと行う

 

よもぎ蒸しはたくさんの汗をかくので、よもぎ蒸し前にはしっかりと水分補給するようにしてください。

 

脱水症状を引き起こす可能性があります。

 

汗の出が悪かったり脱水気味と感じたら、水分補給をしながら行うようにしてください。

 

 

 

よもぎ蒸しの前の食事は軽めで、脂っこいものは避ける

 

よもぎ蒸し前に食事を取ることは問題ありませんが、軽めにしましょう。

 

脂っこいものを食べ過ぎた後などは、気分が悪くなりやすいので注意が必要です。

 

また、飲酒は避けるようにお願いします。

 

 

 

月経中は避ける

 

衛生面からも月経中のよもぎ蒸しは避けるほうが無難です。

 

 

 

妊娠初期は避けたほうが無難

 

妊娠中でも中期以降であればできるとされています。

 

ですが、医師に相談の上で判断するのが良いでしょう。

 

 

 

よもぎ蒸しのデメリットについて

 

よもぎ蒸しにデメリットは特にありません。

 

ただ、上記のような副作用や、注意事項をしっかり守ることが大事です。

 

 

 

 

またよもぎ蒸しは、あくまでも民間療法ということも覚えておいてください。

 

医療的な効果についてはまだ、研究段階の部分も多いのが現状です。

 

 

 

よもぎ蒸しのコスパについて

 

 

よもぎ蒸しを行う際に気になるのが料金です。

 

一般的なサロンでは1回3,000円〜4,000円が相場となっています。

 

 

 

 

 

ただし、よもぎ蒸しの道具を揃えればご自宅でよもぎ蒸しを好きな時に楽しみことができます。

 

 

初期費用がかかりますが、回数が多くなれば購入してほうがコスパはよくなります。

 

これはご自身の頻度や場所などを考慮して判断するのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

セットを購入するなら、国産の座浴器&壺を採用している「温活よもぎ家」のよもぎ蒸し40点セットがオススメです。

 

楽天やamazonで売っているセット商品よりも高品質でお値段も手頃です。

 

 

 

 

 

こちらで詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

 

 

 

>>温活よもぎ家の国産座浴器全40点よもぎ蒸しスタートセットについて

 

page top